よき知らせの学び
二人でも三人でも私の名において集まるところには、私もその中にいます。 マタイ十八・二十

 

  プリントバージョン ダウンロード お問い合わせ       
     Gladtidings Bible Studies > Japanese > GLAD TIDINGS BIBLE STUDIESよき知らせの学び‐伝道聖研の質問

GLAD TIDINGS BIBLE STUDIES
よき知らせの学び‐伝道聖研の質問

編集者を求めています。

編集者を求めています。神戸ルーテル聖書学院での三年間の聖書講演をこのページに入れるために編集が必要です。編集を手伝ってくださる方がどこかにいらっしゃらないでしょうか。いらっしゃったら j-keckchen(アット)docomo.ne.jp まで連絡をお願いします。
マイリス・ヤナツイネン師の日本での最後のメッセージ


マイリス・ヤナツイネン師はノルウェー・ルーテル伝道会との契約の期限が2013年の3月までに変わりましたので、3月4日にフィンランドへ帰国する運びとなりました。 マイリスの今後のプログラム
  • 聖書の女性:土曜日のPM1:30〜、11月17日〔サラ)、12月8日〔ルツ〕、1月12日9日〔ラハブ〕、2月9日(未定〕)
  • 水曜日のAM10:50〜「十戒」
  • 1月からは同水曜日のAM10:50〜「エリアの生涯」
  • 毎火曜日の夜、年内「ヨブ記」、1月2月、伝道聖研
  • 最後の短期講座2月25−26日『意味のある聖書の読み方』 
  • 25日の夜、マイリスの送別会 『37年間もの日本の思い出』
  • 『主は取られる』というマイリス・ヤナツイネン師の本は6月15日に出版されました。

    お申し込み

    e-mail: mailis (at)gladtidings-bs.com

    電話078−221−3601
    keckchens (at) ybb.ne.jp

    聖書の中には、たくさんの興味深い人物が出てきます。これから、その人々についての小さな手引きを作る予定です。これは伝道聖研ではなく、クリスチャンのための学びです。 アダムとエバ(1〜4)、ノア(1〜4)、ヨナ(1〜6)など、ご期待ください。

    「よき知らせの学び」とは?


    伝道の方法

     「よき知らせの学び」は、伝道のひとつの方法です。これを通してノンクリスチャンの友達や家族にイエス様を紹介することができます。教会の歴史をみると、新しい人を得るには小さな集まりが一番効果的だという事実があります。

    一般信徒が自分でできる集会

     一般信徒が1時間の伝道集会のプログラムを作ろうとすると、準備のたいへんさにパニックに陥ります。しかしこの学びの下準備は少なくてすみますので、容易にできます。この伝道方法のグループをたくさん作れば、一般信徒の賜物が用いられるようになります。

    発見による学び

     「よき知らせの学び」では、参加者は自分で答えなければならないので、多くの発見をします。発見によって得られた知識は自分自身のものになります。聞いたメッセージは忘れることがあっても、自分のした発見は忘れられません。

    イエス様との出会い

     イエス様は人間になられたみことばですから、みことばの中でないとイエス様に出会うことはできません。この学びの第一に目的は、キリスト教の知識を増やすことだけではなく、生きておられるイエスというお方と出会わせることです。イエス様は参加者に直接語りかけ、慰め、助けてくださいます。ですから「よき知らせの学び」のテーマはマタイ18:20の「ふたりでも3人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです」なのです。

    ノンクリスチャンも参加できるキリスト者の交わり

     みことばについて話すと、特別な心の交わりが生まれてきます。心が開かれ、自分の問題が言葉になると、それをイエス様の前に降ろすことができます。聖書ぬきの交わりでは、決してこの結果は得られることはありません。こういう交わりは魅力的ですから、新しい人を引き寄せます。

    新しい聖書の読み方

     「よき知らせの学び」に参加すると、自分の個人的な聖書の読み方にも影響を与えます。イエス様が聖書を通して自分に個人的に語りかけてくださると一度分かると、それからは聖書をそういう気持ちで読むようになります。その経験がないと、クリスチャンはイエス様との出会いを、予言とか異言など異常な体験から求めようとします。

    他の聖書研究との違い

     ふつう、聖研の手引きというものは、ノンクリスチャンのために作られていません。参加者にはある程度の知識があることを前提としています。「よき知らせの学び」の質問は、新しい人のことを考えながら作られたものです。質問を通して、参加者がその個所をよく見ることと自分の人生と重ね合わせてみるようになることが目的です。「正しい答え」にこだわらないから、どんな返事でも歓迎します。

    © 2013 よき知らせの学び - www.gladtidings-bs.com